Journal

2020.12.15

脱プラ印刷で、プラスチックから紙の時代へ。

今、プラスチックごみによる海洋汚染が大きな問題になっています。世界中で年間910万トンの海洋ごみが発生し、2050年にはごみの量が魚の量を上回ると言われているほどです。そうしたプラスチックごみによる海洋汚染問題への世界的な関心が高まる中、プラスチックの削減を目指す脱プラの動きが広がってきています。紙の表面加工やクリアファイルなどプラスチックを扱うことも多い印刷業界では、一体どのような取り組みや対策がなされているのでしょうか?本コラムでは、印刷におけるさまざまな脱プラについて迫っていきます!

海洋ゴミのイメージ

脱プラ印刷とは?〜プラスチックから紙へ〜

東京五輪・パラリンピックは2021年夏に延期されましたが、その選手村のベッドフレームに史上初といわれる「段ボール」が採用され、大きな話題を集めました。大会コンセプトの「持続可能性を体現した」といわれる段ボール素材のベッドは、段ボールといえども耐久性(200kg荷重クリア)や撥水加工、難燃性に優れており、軽量でレイアウト変更が簡単に行える上、コストが安いというのが注目すべき特徴です。大型ベッドでありながら、段ボールは古紙(新聞紙など)にリサイクルできる環境に優しい素材。しかも、大会終了後には、折り畳んで保管できる「災害用簡易ベッド」として活用できるよう、「紙」の特性を生かした工夫が施されているのです。 その他にも身の回りにある印刷製品で言えば、すべて紙でできたクリアファイルやうちわもあります。紙製のクリアファイルはプラスチック製のクリアファイルと違い、中が見えない仕様になっており、携帯電話や保険などを契約した際に、個人情報を含む契約書類を入れてお渡しするにも最適です。環境への配慮が企業の社会的責任となっている今、プラスチックを使用しない脱プラ印刷は、まさに時流に沿った印刷方法。プラスチックから紙へという流れは、今後もますます加速していくことが考えられます。

紙製のクリアファイル

脱プラ印刷が注目される背景

プラスチックは手軽で耐久性に富み、安価に生産できることから、包装や梱包、緩衝材などにも幅広く使われてきました。しかし、その多くは使い捨てられてプラスチックごみとなり、海の生態系にまで甚大な影響を与えているのです。そうした海洋汚染問題もあり、今、社会全体でプラスチック削減への機運が高まっています。また、2020年7月1日から「レジ袋の有料化」が全国でスタートしました。この制度は小売業の事業者がプラスチック製買物袋を有料で提供することで、プラスチックごみの排出抑制を促進するもの。近年、脱プラスチックへの動きが加速していますが、改めて注目されている素材のひとつが、印刷にも関わりが深い「紙」なのです。 アパレル業界では買物袋が紙袋に、食品・飲食業界ではパッケージが紙製にシフトしています。最近では、試験的にガチャガチャのカプセルに紙製が導入されるなど、さまざまなところで「紙」の需要が広がっています。もちろん紙と言っても、紙質や厚さなど、種類は本当にたくさん。皆さんが日常で目にしているなかでも、新聞や雑誌、段ボール、トイレットペーパーなど、用途に合わせて多くの紙が使われています。このように、「紙」はとても汎用性の高いものなんです。色や形も変幻自在で、ニーズに合わせてうまくその姿を変えることができるのが一番のメリット。トイレットペーパーのように使い捨てされることを前提にした衛生商品も、よく考えると的確に環境に配慮してると言えます。だからこそ近年では、SDGsの観点や環境保全に貢献できる素材として、プラスチックから紙への利用が注目を集めているのです。

トイレットペーパー

SDGsとの関わり

「SDGs(Sustainable Development Goals):持続可能な開発目標」とは、17のグローバル目標と169のターゲットからなる国連の開発目標。2015年に国連が採択した先進国を含む国際社会全体の2030年に向けた、環境・経済・社会についてのゴールです。 さまざまな環境課題や社会課題を解決するための取り組みが推進されている今、印刷業界に目を向けた時に挙げられるのが、プラスチックから紙への利用を促進する脱プラ化。前述したプラスチック製のクリアファイルを紙製にすることもそうですが、それ以外にも印刷には石油から作られたプラスチックの一種を使用したPP(ポリプロピレン)加工というものがあります。SDGsの観点から見れば、埋蔵量が有限の石油を使ったPP加工は、やはり推奨できません。だからこそ、PP加工と同等の強度と見た目を誇りながらも、プラスチックを使用しない脱プラ印刷は、印刷加工における新しい技術なのです。 また、脱プラ印刷は、SDGsの目標である「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「11.住み続けられるまちづくりを」に沿った技術でもあり、持続可能な社会づくりにも大きく貢献することができます。

関連記事 SDGsの実現に向けて、印刷でできることとは。

海洋プラスチック問題

世界のプラスチック生産量は1964年から2014年の50年で、1,500万トンから3億1,100万トンという20倍以上に急増し、今後20年でさらに倍増すると言われています。そして、年間910万トンのプラスチックが海洋ごみとなって流出。2050年には、ごみの量が魚の量を上回ると言われているのです。想像しただけでもゾッとするこの現状はSDGsにおいても注視されており、海洋汚染の原因になる海洋プラスチック問題の対策は急務と言えます。 そうした中でプラスチックから紙への利用を促す脱プラ印刷を推進することで、SDGsの目標である「12.つくる責任・つかう責任」「14.海の豊さを守ろう」を達成することが可能です。そして、私たち自身もプラスチックの3R「リデュース(減らす)・リユース(再利用)・リサイクル(再生産)」に努めることで、海洋プラスチック問題の改善に取り組めることはまだまだたくさんあるのではないでしょうか。

脱プラ印刷を使用する企業的なメリットとは?

海洋プラスチック問題に関する現状は前述しましたが、この問題は決して机上のものではなく、多くの人が関心を寄せています。例えば昨年10月に内閣府が公表した「環境問題に関する世論調査」によれば、プラスチックごみによる海洋汚染などの問題に「関心がある」と答えた人は、9割にも上ります。また、G20サミット環境問題会合では、菅総理大臣が「海洋プラスチックごみの問題で、新たな汚染を2050年までにゼロにすることを目指して技術支援などを行っていく」と述べるなど、脱炭素社会の実現を目指す中においても、脱プラスチックへの関心や取り組みは非常に高まっているのです。 皆さんの身の回りにはどんなプラスチック製品があり、何が必要なプラスチックで、どれが減らせるプラスチックなのか。改めて見直し、考えていくことがとても大切な時期に来ています。企業としての社会的責任も求められている今、印刷で脱プラを取り入れることで、根本的なごみの量を削減することから始めてみるのはいかがでしょうか? 企業としてプラスチックごみ問題への対応に遅れることは、企業価値やブランドイメージを大きく損ねる恐れがあります。その半面、脱プラ印刷を取り入れることで商品のデザイン性を高めたり、消費者の価値観に合わせて売り方を変えることもできるなど、新たな需要を創出する機会にもなりえます。この機会にぜひ、脱プラ印刷を検討してみてください。

脱プラスチック

CCG HONANDOでは環境目標を設定し、環境マネジメントを推進しています

私たちCCG HONANDOでは、環境マネジメントとして環境省が定めた環境システムのエコアクション21に2010年から取り組んでいます。CO2削減目標を掲げ、事業活動を通じて電力使用量、ガソリン使用量、水使用量、廃棄物の削減を実践。環境負荷低減を実現するための取り組みとSDGsを組み合わせた持続可能な活動を行っています。また、海洋プラスチック問題の解決に貢献するために脱プラ印刷も推進し、弊社オリジナルの製品も多数世に届け出しています。脱プラ印刷をご検討のお客様は、ぜひお問い合わせください。ご要望に合わせたさまざまなご提案を行い、お客様の環境活動もサポートいたします。

CCG HONANDOの環境マネジメント

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ