Journal

2020.12.05

SDGsの実現に向けて、印刷でできることとは。

さまざまな環境問題が地球規模で取り沙汰されている今、事業活動を通じた環境負荷低減への取り組みは、企業としてだけではなく、社会活動を行う一人の人間としても重要なファクターになっています。「BEST PRINT FOR LIFE , FOR EARTH」を理念に掲げるCCG HONANDOでは、地球に優しいエコな印刷を続けながら、さらなる環境負荷低減に向けた取り組みを実践中。今回のコラムでは、国連加盟国が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」や私たちの取り組みについてご紹介します。

エコな印刷への取り組みイメージ

印刷業界で注目を浴びる持続可能な開発目標【SDGs】

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals):通称【SDGs】」とは、17のグローバル目標と169のターゲットからなる、国連の開発目標。2015 年に国連が採択した先進国を含む国際社会全体の 2030 年に向けた、環境・経済・社会についてのゴールです。 同年 12 月に採択された地球温暖化対策としての「パリ協定」の両輪となり、今、世界を大きく変える道しるべとなっています。 このSDGsは、政府や自治体だけではなく、⺠間企業においても取り組む気運が国内外で高まっています。 それには、こんな理由があります。環境課題や社会課題の解決を通して事業を成長させる、環境課題や社会課題に配慮していないと事業の将来性が見通せない、そんな時代がもう来ているからです。さまざまな企業活動の中で、SDGsを通して社会が抱える問題を解決すると同時に、 経営リスクを回避し、新たなビジネスチャンスを獲得していく。そうした持続可能性を追求するための重要な取り組みとして、SDGsには大きな注目が集まっています。

SDGsの取組み内容

SDGsが掲げる17の目標とは

SDGsには、国連が定めた17のグローバル目標があります。気候変動や生物多様性、エネルギーをはじめ、持続可能な社会の実現するために全世界で取り組むべきビジョン、課題などを幅広く網羅。日本を含む国連加盟国193カ国は、2030年までを目標達成に向けた期間と定め、企業だけではなく官公庁、教育機関などが中心となってさまざまな取り組みを行っています。ここでは、SDGsが掲げる目標を分かりやすくお伝えします。

平和と平等に関する目標

SDGsにおける平和と平等に関する目標がこちらです。この7つの目標を見ていると、貧困や飢餓、教育のこと、人や国家間の格差、暮らしといった人間が生きる上での平和と平等に対する持続可能な目標であることが分かります。しかし、現状に目を向けてみると、日本の子どもの6〜7人に1人が貧困であると言われていたり、アフリカでは4人に1人が慢性的な飢餓状態に陥り、低体重の5歳未満児は9000万人以上。子どもだけではなく大人まで、多くの人が飢餓に悩まされています。そうした現実を食い止めるためにも、ここで掲げられた目標は、先進国と開発途上国の両方が目を背けてはいけない重要な問題であると言えます。

水なし印刷とは、印刷時に有害な廃液を排出しない「水なし平版方式」という技術を使い、印刷物を通じて地域社会の環境保全に貢献しています。 皆さまの印刷物にも、この「水なし印刷」を採用することで、皆さま自身が環境保全活動に大きく貢献していることになります。

仕事と働き方に関する目標

最後は、健康やジェンダー平等、経済成長といった、持続可能な未来を実現するためには欠かせない目標です。人間の身体や内側の部分と、そこを起点とした仕事と働き方に関する目標は一見すると異なった見方ができますが、双方の目標を実現していくことで、より豊な毎日が訪れるという点では、実に密接な関係があると言えます。 目標3の「すべての人に健康と福祉を」では、世界的に見ても乳幼児の死亡率が未だに年間590万人にものぼり、5歳未満の幼児が予防可能である病気などが原因で命を落としているという現実があるのです。また、目標8の「働きがいも経済成長も」の項目では、さまざまな対策を興じる原因の一つに失業者の増加が挙げられています。2020年の失業者数は約1億7400万人(出典:国際労働機関(ILO)公式サイト)になる見通しであり、上昇傾向に。このような社会課題の解決に向けたファクターが、仕事と働き方に関する目標です。

SIAA

SIAA(抗菌製品技術協議会)とは、適正で安心できる抗菌加工製品の普及を目的とし、抗菌剤および抗菌加工製品のメーカー、抗菌試験機関が集まってできた団体です。業界だけではなく、消費者代表、専門家および行政などの幅広い意見を聞きながら、抗菌加工製品に求められる品質や安全性に関するルールを整備し、そのルールに適合した製品の安心のシンボルとして、SIAAマーク表示を認めています。

抗菌加工製品登録証明書

CCG HONANDOのSDGsへの取り組み

CCG HONANDOは2010年から環境負荷低減への取り組みをスタートし、現在はSDGsの11項目において、より良い環境づくりに貢献するための活動を続けています。私たちの取り組みは大きく分けると3つからなります。 まず1つ目が、SDGsの目標3・4・5・6・7・11・12・13・16に該当する環境活動の分野。こちらでは、エコ印刷の推進や廃棄物排出量の削減などに努めています。次は、目標3・4・6・11・16に該当する法規制遵守の分野です。事業活動や環境負荷低減に取り組む際の法令チェック、法令遵守のための教育などを行っています。そして最後が、目標3・4・8・9・12に該当する自己成長と事業発展のための活動です。 CCG HONANDOではこれらの11項目に該当する活動を通じて、それぞれで細かな目標を設定し、日々達成しながら環境活動に真摯に取り組んでいます。

HONANDOのSDGsの取り組み

二酸化炭素排出量や廃棄物量の削減

私たちCCG HONANDOでは、2010年よりエコアクション21を通じた環境活動を行い、二酸化炭素排出量削減に努めてきました。印刷工程において二酸化炭素の排出量を削減するためのクリーンエネルギーを活用しています。また、環境負荷を考慮した水あり印刷では、CTP現像時に出る現像廃液を濃縮させ、蒸留再生水と濃縮廃液に分離して廃液を濃縮させることで、廃棄物量を従来の最大1/8(体積比)にまで濃縮。廃棄物量の大幅な削減を実現しています。 こうした環境活動を通じて2019年度(13期)の二酸化炭素排出量は17,660kg-CO2、廃棄物量は22,860kgの削減を実現しています。

紙の廃棄

脱プラ製品の開発・製造

今、世界中で年間910万トンの海洋ごみが発生し、2050年にはごみの量が魚の量を上回ると言われています。海洋ごみを魚が摂取することで体内がマイクロプラスチック化され、食物連鎖によって人間の健康被害にもつながることが懸念されているのです。 また、日本では廃棄されるプラスチック(廃プラ)の有効利用率が84%と特に進んでいますが、全体の57.5%は燃焼の際にエネルギー回収するものを燃やす「サーマルリサイクル」という処理方法。製造するときと廃棄するときに2度も、温暖化に悪影響を与えてしまいます。そうした現状もあり、プラスチック製品を紙製や再生可能な素材へと切り替える企業が増えているのです。 そこで、CCG HONANDOが環境負荷低減を実践するために商品化したものが、紙製のクリアファイル【ペーパーファイル】。 これは、環境に配慮した完全紙製のファイルです。使用後はそのままシュレッダー可能で分別も不要! 携帯電話やインターネットの契約時、クレジットカードの申し込みなど、窓口で受け付けをしたときは必ずと言っていいほど、クリアファイルと一緒に書類をもらっていませんか?それを紙製に変えるだけで、環境負荷を減らす取り組みが可能になります。展示会などでも、手軽に始められる取り組みとして大きな関心をいただいています。

紙製のクリアファイル【ペーパーファイル】

サステナブルペーパーの使用

サステナブルペーパーとは持続可能な開発目標(SDGs)の達成と、その先にあるサステナブルな未来づくりのために誕生したバナナペーパーを示すときに使われている総称です。日本初のフェアトレード認証紙であるバナナペーパーは、アフリカにあるザンビアのバナナ農園で作られています。これまでは収穫期に廃棄されていたバナナの茎の繊維に、古紙またはFSC認証バルブを加え、それに日本の和紙技術を用いて作られた環境と社会に価値を生み出す紙なのです。 エコ用紙のような環境問題だけではなく、貧困問題も解決に導き、持続的に生産者の暮らしを支える点でも注目されています。CCG HONANDOではバナナペーパーをはじめ、FSC認証紙といった環境に配慮したエコな紙を多数ご用意。2010年にはFSC○R CoC認証も取得しています。

関連記事 バナナペーパーの採用で、SDGsの17目標全てに貢献する。

バナナペーパー

水も空気も汚さない水なし印刷を採用

CCG HONANDOでは2019年8月から、8色機にて水なし印刷を導入しています。水なし印刷とは、有機溶剤を含む湿し水を一切使用せず、国のグリーン購入法にも明記されている環境に優しい画期的な技術です。印刷工程で有害物質を含む湿し水を使用しないことで、印刷工程での廃棄物の大幅な削減にも寄与。また、印刷版の現像工程では回収廃液が大幅に削減できる水現像方式となるため、自然環境と労働環境にも優しい技術であることが明らかになっています。だからこそ、水も空気も汚すことはありません。 さらにインキの水による乳化もなく、高精細なくっきりとした印刷物に仕上げることが可能。環境保全に配慮した印刷物の象徴でもあるバタフライマークを記載できるため、印刷物を通じて地域社会の環境保全に貢献しながら、取引先のお客様にも環境保全活動に寄与していただくことができます。

水を汚さない印刷技術

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ