Journal

2021.09.10

カーボンニュートラルを実現したCCG HONANDOの取り組みと世界の現状

カーボンニュートラル。この言葉を聞いたことはありますか?カーボンニュートラルは今、世界規模で急速的に動き始めている脱炭素社会を目指す取り組みの一つです。今回のコラムでは、カーボンニュートラルの概要から仕組み、世界や日本の動向など、あらゆる角度からご紹介。印刷サービス企業として、社会を支える企業として、CCG HONANDOにおけるカーボンニュートラルの取り組みも合わせてお伝えします。

カーボンニュートラルを実現したCCG HONANDOの取り組みと世界の現状

カーボンニュートラル(脱炭素社会)とは

カーボンニュートラルとは、企業や家庭が排出する温室効果ガスを省エネルギー化によって削減するとともに、削減しきれない分は植林や森林保護を通じて植物が大気中のCO2を吸収することで、実質的にゼロにする取り組みのことです。カーボンとは炭素のことで、ここで言う温室効果ガスとはおもにCO2(二酸化炭素)を指します。世界ではもちろんのこと、日本国内でも企業レベルでカーボンニュートラルの達成を目指す動きが加速しており、CO2の排出量を削減するだけではなく、世界規模で脱炭素社会の実現に向けた取り組みが始まっています。

カーボンニュートラルの定義

カーボンニュートラルは、地球上に存在するCO2(二酸化炭素)の総量が増えたり減ったりしない状態を表し、そこを目指すための取り組みや考え方のこと。「カーボン」はCO2に含まれる炭素、「ニュートラル」はバランスのとれた中立な様子を意味します。CO2は温室効果ガスの一つで、地球上に存在するCO2の総量が増えることは地球温暖化にも繋がります。そのため、CO2の排出量と吸収量を等しくし、トータルでプラスマイナスゼロとなるカーボンニュートラルを目指すことが重要視されているのです。

カーボンオフセットとの違い

オフセットとは、英語で「差し引き勘定する、相殺する」などの意味を持つ言葉です。カーボンオフセットはこの言葉に基づき、企業や自治体などが自らCO2の排出量を削減する努力をした上で、他の場所でのCO2削減と吸収によって相殺するという取り組みや考え方。環境省は、カーボンニュートラルはカーボンオフセットの取り組みをさらに深化させ、排出量の“全量”をオフセット(埋め合わせる、相殺する)することと定義しています。

なぜ今、カーボンニュートラルを目指すのか

今、世界規模でカーボンニュートラルを目指す背景には、人間の活動によって深刻化している気候危機=地球温暖化の問題があります。産業革命以降、CO2の排出量が増えたことで、世界の平均気温は1℃程度上昇。このまま温暖化が進行すれば、洪水や海面上昇、水・食糧不足、生態系の損失など、さまざまな危機的状況を招くと言われています。私たちはすでにその一部に直面しており、国家間を越えた世界規模の取り組みとして、カーボンニュートラルを実現する必要があるのです。

パリ協定でカーボンニュートラルの実現が目標に

地球温暖化対策に関する国際的な枠組みである「パリ協定(2015年採択、2016年発効)」は、2020年から本格的な運用が始まり、地球温暖化対策として各国に2050年までにCO2排出量の大幅削減やカーボンニュートラルの実現を求めています。これに応えるかたちで、多くの国は2050年までのカーボンニュートラルの実現を宣言しており、脱炭素社会に向けた動きが加速。日本もそうした国際社会の動きに追随しており、国内では現在、パリ協定の目標に沿った地球温暖化対策の見直しと施策が進められているのです。 2015年に開催された「パリ協定」では、地球温暖化を食い止めるために「世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃より十分に低く保つとともに、1.5°Cに抑える努力を追求する」という合意がなされています。

日本では2050年に温室効果ガスの排出をゼロへ

2020年10月26日、第203回臨時国会の所信表明演説において、菅義偉内閣総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする。すなわち2050年にカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。また、中間目標として「2030年までに温室効果ガスを46%削減する(2013年比)」「さらに50%の高みを目指して挑戦を続ける」と表明。国際社会に追随するように、日本でもカーボンニュートラルに対する注目がますます高まっています。

カーボンニュートラルを実現するためには

カーボンニュートラルの実現に向けては、CO2排出量の削減だけではなく、既存エネルギーから再生可能エネルギーへの代替、森林吸収源の確保など、さまざまな取り組みがあります。国家的なものはもちろんですが、企業や自治体レベルでもそうした取り組みの積み重ねが、カーボンニュートラルの実現に向けた一番の近道でもあるのです。2020年10月30日に開催された第42回地球温暖化対策推進本部では、 2050年カーボンニュートラルに向けた取組について議論が行われ、菅総理からは「地球温暖化対策計画」や「エネルギー基本計画(資源エネルギー庁HP)」、「パリ協定に基づく長期戦略」の見直しを加速し、全閣僚一丸となって取り組むよう指示されました。カーボンニュートラルの実現を長期的なビジョンとして見据え、地球温暖化対策計画の見直しを含めたわが国の気候変動対策についても、中央環境審議会・産業構造審議会の合同会合において審議が進められているそうです。

世界の対応

EUでは2018年11月、2050年までにカーボンニュートラルを実現するための「A clean planet for all(万人のためのクリーンな地球)」というビジョンが発表されました。2020年3月にはビジョンをより具体化した長期戦略が発表され、現在はカーボンニュートラル目標を含む欧州気候法案が審議されています。今後、再生可能エネルギーの導入などを進める対策とともに、バイオマス(生物資源)の活用、森林吸収源の確保における戦略も立っています。一方、アジアでは世界の石炭消費量の約半分を占めている中国が、2020年9月の国連総会一般討論で「2060年までにカーボンニュートラルの実現を目指す」と表明。石炭に依存したエネルギー構造をどのように転換するのか、温室効果ガスの削減に向けてどのような政策を展開するのか、その動向が注目されています。そして、世界各国でもカーボンニュートラルの実現に向けて、さまざまな施策が進行中。その背景には、新型コロナウイルスの影響によって世界的に経済活動が停滞する中、カーボンニュートラルによって環境投資を活性化させ、経済復興につなげようという狙いもあるのです。こうした動きは「グリーンリカバリー」と呼ばれています。

日本企業の取り組み

企業レベルでカーボンニュートラルの実現に向けて取り組むには、まず事業におけるCO2の排出量を把握することが必要です。その上で削減目標を定め、省エネルギー化に取り組んでいきます。それでも削減できない分は、再生可能エネルギーの導入や「排出権の購入」などの手段を利用し、間接的にCO2を吸収することで実質的に排出量ゼロを目指していきます。こうした取り組みを通してカーボンニュートラルに挑戦することは、投資家からの評価を考える上でもとても重要なこと。とくに近年は、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の頭文字をとった「ESG投資」という考え方が主流になりつつあるのです。また、企業レベルでカーボンニュートラルに挑戦することは、経済と環境を両立させた新たな経営手法を創造することにもつながります。世界はカーボンニュートラルの実現に向けて、すでに大きく動き出しています。今後は日本企業も、その影響をさらに受けることでしょう。カーボンニュートラルの実現に向けた積極的な取り組みは、企業価値を高めるだけでなく、グリーンリカバリーの契機にもなる可能性を秘めているのです。

カーボンニュートラルに向けたCCG HONANDOの取り組み

印刷サービス企業としてカーボンニュートラルに取り組んでいく際、「まずは私たちのできることから」と考えました。事業の全ての分野でカーボンニュートラルを実現するには、紙などの資材メーカーさんにもカーボンニュートラルを実現してもらう必要があるからです。そこで、私たちのできることとして最初に取り組んだのが、調達エネルギーの代替です。CCG HONANDOでは、2021年8月から印刷物製造における調達エネルギーを100%再生可能エネルギーのバイオマス燃料にシフト。東大阪第一工場と東大阪第二工場は、印刷物の製造工程においてバイオマス燃料を使用するため、二酸化炭素排出量ゼロを達成し、カーボンニュートラルを実現する工場として稼働しています。

エコアクション21

CCG HONANDO全ての企業活動において、電力量の削減、水使用量の削減、廃棄物量の削減、ガソリン使用量の削減を行う中で、これまでもCO2排出量の削減に取り組んできました。そして、その一環としてカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みもスタート。弊社で製品を製造することで、お客様もCO2排出量の削減に貢献できるという仕組みが可能となっています。

水なし印刷

印刷物の製造を通じてCO2排出量の削減に貢献できることに加え、水なし印刷を組み合わせることで、お客様はさらなる環境負荷低減に貢献することが可能。水質汚濁防止法などの遵守はもちろん、化学物質管理促進法、グリーン購入法、ISO14000シリーズの対策としても適面です。CCG HONANDOでは高品質な印刷が叶うだけではなく、もう一つ上の水準の環境に配慮された製品をつくることができます。

FSC® CoC認証

FSC® CoC認証とは、サプライチェーン全体を通じて製品が通る経路を全て辿り、FSC認証原料がきちんと識別され、他の非認証製品と分別されているかを確認するもの。CCG HONANDOでは、このFSC® CoC認証の紙を使用しています。適切な森林管理を認証された紙を使うことで認証製品が市場に増え、購入が進むことによって、適切に管理される森林が守られていく。そして、森林の破壊や劣化を招くことなく、木材消費が進むというサステナブルなシステムを、弊社を通してお客様も取り組むことができます。

まとめ

前述の通り、CCG HONANDOは2021年8月から自社工場の調達エネルギーを、100%再生可能エネルギーのバイオマス燃料にシフト。カーボンニュートラルを実現しています。CO2排出量の削減という枠の中だけではなく、海洋プラスティック問題に向けた脱プラ商品や持続可能な教育に向けたノートなどの商品、継続的に使える抗菌商材の開発など、環境負荷低減への取り組みは多岐に渡ります。こうした環境に配慮した製品づくりにSDGsの持続可能な活動を組み合わせながら、お客様への提供価値をさらに高めていきたい。「BEST PRINT FOR LIFE , FOR EARTH .」の理念のもと、CCG HONANDOの環境活動は、これからもずっとつづいていきます。 2020年10月26日、菅首相が所信表明演説の中で「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と宣言したことから、日本でカーボンニュートラルに対する注目が高まっています。 2020年12月25日には、経済産業省が「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」を発表しています。グリーン成長戦略はカーボンニュートラルの取り組みを、経済と環境の好循環につなげるための産業政策です。

各種お問合せ/印刷のお見積もり、ご相談など こちらよりお気軽にお問合せください。

CCG HONANDO カーボンニュートラルへの取り組みについては こちらから

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ