Journal

2021.01.19

冊子印刷に役立つ、製本の種類を解説!

「製本」という言葉を聞いたことがありますか?皆さんが普段手にしている雑誌やパンフレットなどは冊子状になっていますが、その前は一枚一枚の印刷物。その印刷物を冊子にすることを、「製本」と言います。「製本」にも色んな種類があり、今回のコラムでは意外と奥が深い「製本」について詳しくお伝えてしていきます。

製本イメージ

製本方法(綴じ方)の種類は大きく分けて3パターン

製本とは、印刷物を冊子の形に綴じることです。綴じる素材や箇所によっても製本方法は異なり、雑誌や文庫本、写真集など、どんな冊子を作るかによってもその方法は異なります。カテゴリーで分類すると、伝統的な製本方法である和製本(和本)と現在の主流である洋製本(洋本)に分けることができ、製本方法としての種類は、大きく分けて3パターン。針金綴じ・糸綴じ・無線綴じに分けることができます。

製本イメージ

薄めの製本に最適!針金を使った製本方法【針金綴じ】

針金綴じは製本方法の一つで、折られた刷り本に針金を用いて綴じる形式です。針金綴じの中にも中綴じ・平綴じ・アイレット綴じがあります。

中綴じ

最適なページ数:8P〜64P程度
綴じ方:針金
用途:会社案内、パンフレット、週刊誌、取扱説明書、小冊子など
中綴じは、見開きページの真ん中数カ所を針金(ホチキス)で留めて仕上げる製本方法です。ページを180度開くことができ、印刷会社でも多く取り扱われている方法のため安価に仕上げることができます。

平綴じ

最適なページ数:8P〜40P程度
綴じ方:針金
用途:教科書、契約書、取扱説明書など
平綴じは、背表紙の端から数センチほど余白をつけて針金(ホチキス)で留める製本方法。ホチキスが隠れるように表紙を「巻くタイプ」と、そのまま見せる「巻かないタイプ」の2種類があります。

アイレット綴じ

最適なページ数:8P〜40P程度
綴じ方:針金
用途:カタログ、パンフレット、カレンダーなど
アイレット綴じは、中綴じの変形版となる製本方法です。アイレットとは小さな穴という意味で、中綴じの針金の背中部分がC型に飛び出した形が特長。カタログやパンフレットなどをファイリングする際に、穴を開けずにファイルすることができます。

製本イメージ

中綴じ

中綴じは見開き状態の紙を重ね、その重ねた紙中央部分を針金でまとめて綴じていきます。4ページ単位で綴じるため、ページ数は4の倍数になるのです。最大のメリットは中央部分で綴ることで、根本のギリギリにまでページを開くことができるということ。2つのページを使用して、「1つの写真を見開きいっぱいに載せたい!」など、見開きページの見た目をより良くする時にもおすすめの製本方法です。 また、中綴じはコスト面にも優れており、印刷部数が多い場合にも最適です。ただし、製本方法的にどうしても強度が低いというのがデメリット。何度も頻繁に読む冊子などの場合には、中綴じだと簡単にページが取れてしまう可能性もあるため、その場合はもう少し強度の高い平綴じなどを選択した方が良いでしょう。また、用紙の厚さなにも左右されますが、最大で80ページ程度までしか綴じることができません。比較的ページ数の少ない製本に適しています。

平綴じ

平綴じは、中綴じが背の中心部分を留めるのに対して、背の近くにある側面を留めるのが特長です。針金が隠れるように表紙部分を巻き込むタイプと、そのまま見せるタイプの2種類があり、用途や要望に合わせて選べるのも平綴じならでは。 分厚いプレゼン資料や40ページ前後の契約書などに見られる巻かないタイプの平綴じは、印刷から綴じまでの工程をすべて機械で行えるため、短納期かつ価格を抑えることもできます。また、強度をさらに高めるためにホチキスで留める前の段階で、背面を接着剤で固めることも可能。使用されている冊子が巻きありの場合は、学校の教科書や契約書にもおすすめです。 一方で、巻きなしの場合は会社の資料や取扱説明書に最適です。とても丈夫なのがメリットである反面、センター部分いっぱいまで開けないのがデメリット。そのため、5mmくらい紙の印刷幅が狭くなってしまいます。また、背表紙が作れるという部分は中綴じにはない長所になりますが、無線綴じ&中綴じの両方の行程が必要になるため、料金が高額になる傾向にあります。

アイレット綴じ

中綴じの変形版となるアイレット綴じは、ファイルに綴じる必要があるものに使われます。カタログやパンフレットなどをファイリングするのに適しており、レイアウトデザインをされる方も穴の位置を気にすることなく自由にレイアウトできるのがポイント。デザインや見た目を意識し、穴を開けたくない冊子などにおすすめです。また、アイレット綴じは針金がC型でフックになっているため、冊子としてだけではなく、壁にかけるカレンダーやメニュー表など自由な利用方法が可能。普段とは違うインパクトのある冊子を作成される時にピッタリです。

製本イメージ

平安時代から続く歴史ある製本方法【糸綴じ】

糸綴じ(糸かがり製本)とは、日本の古い書物などに使用され、学術の歴史感が漂う製本方法です。文芸全集などのように分厚い書籍を作成する時には、この製本方法がおすすめ。です。また、糸で綴じる製本方法には、他にも和綴じという方法があります。

糸綴じ

最適なページ数:52P程度
綴じ方:糸
用途:文芸全集、辞書、百科事典、結婚アルバムなど
本の背を糸でかがって綴じる製本方法。耐久性に優れており、保存性の高さを目的とした印刷物に適しています。

和綴じ

最適なページ数:160P
綴じ方:糸
用途:俳句集、御朱印帳、経本など
二つ折りにした和紙に表紙をつけ、右側を丈夫な糸で綴じる製本方法です。針金や接着剤を使用しないため経年変化しにくく、耐久性にも優れています。

製本イメージ

糸綴じ

糸綴じは、ページの束を糸でかがって繋ぎ合わせ後、糊で固める綴じ方で、強度の高さが特長です。また、ページを180度開くことができ、開閉に対する耐久性が高いのもポイント。保存性の高さを目的としたり、長期的に使われるものには最も適しているため、文芸全集や辞典などの厚みのある冊子に使われることが多くなっています。針金を使用しない綴じ方なので、怪我をする心配もありません。ただし、デメリットを挙げるとすれば、手間とコストがかかってしまうということです。

和綴じ

見た目にとても特長が出る製本方法といえば、和綴じです。中国で発祥した綴じ方で、平安時代頃に日本に伝わったとされています。その後、日本独自の発展を遂げた製本方法でもあり、仕上がりに和の雰囲気をより強く演出できます。また、縫い目の模様には種類があり、その数は計り知れないほどなので、とにかく奥深い製本方法だと言えます。手作業で製本しているため、コストも時間もかかってしまいますが、仕上がりはとても魅力的なものになります。

製本イメージ

糸も針金も使わない!高級感のある製本方法【無線綴じ】

無線綴じは、本文の背面部分を高温の専用接着剤で綴じて製本する方法です。表紙でくるむようにして綴るので、くるみ製本と呼ばれることもあります。無線というだけにホチキスや糸を使用せずに綴じる方法で、文庫本や雑誌など幅広く使用されている製本方法のため、使い勝手の良さも抜群です。また、無線綴じによく似た製本方法では、アジロ綴じとPUR製本があり、天糊製本も同様の製本方法だと言えます。

無線綴じイメージ

無線綴じ

最適なページ数:40P〜100P程度
綴じ方:糊(接着剤)
用途:文庫本、辞書、カタログ、写真集など
表紙を含めて24ページから印刷が可能。本文の総ページ数は2ページ単位で調整でき、ページ数が増えても見栄え良く印刷することができます。

あじろ綴じ

最適なページ数:40P〜100P程度
綴じ方:糊(接着剤)
用途:雑誌、辞典、カタログなど
無線綴じを改良した製本方法。本の背の部分に切り込みを入れて接着剤を浸透させることで、より高い強度を誇ることができます。

PUR製本

最適なページ数:40P〜100P程度
綴じ方:糊(接着剤)
用途:写真集、パンフレット、地図、レシピ本など
無線綴じの接着剤に、PUR系ホットメルト接着剤を用いた方法です。通常の無線綴じよりも開きやすく、耐久性や耐熱性にも優れているメリットがあります。

天糊製本

最適なページ数:50P以上 綴じ方:糊(接着剤) 用途:冊子の天(上)の部分を糊だけで留める製本方法。単票の冊子やノーカーボン紙などを使用した複写伝票などを製本する方法の一つです。

製本イメージ

無線綴じ(くるみ製本)

無線綴じとは、いくつかのページを折った折丁を重ね、背の部分に糊をつけて綴じる製本方法です。ページ数の多いカタログや冊子、月刊誌などでよく見られます。無線綴じは背に糊がつけば、ページ数が100ページ以上でも製本することが可能。また、中綴じは4P単位でしか製本できませんが、無線綴じは2P・4P・8P・16P単位のいずれでも製本することができます。 背の部分は表紙が直角に折られ、比較的フラットな長方形になるため、仕上がりもしっかりとした印象になるのが特長です。ページ数が多くなると冊子が膨れてしまう中綴じとは違い、無線綴じなら高級感のある仕上がりを演出できます。デメリットとしては、糊で製本しているので、高温になると糊が柔らかくなって綴じが崩れてしまうことも。また、高温下で保管されていなくても、経年変化で糊の部分が劣化してしまう場合もあります。本文のページ数が極端に少なかったり、本文の紙の厚さが薄いと背の幅が小さくなり、背につける糊の量が少なくなることで、綴じが不安定になり、ページが取れやすくなる場合があります。

あじろ綴じ

通常の無線綴じよりもさらに厚みのある場合に使用される綴じ方で、200ページくらいのボリュームにも対応が可能です。あじろ綴じは、接着剤をつける背の部分に細かく切れ込みを入れ、接着剤をより深く染み込ませる製本方法のため、強度はより高くなる反面、無線綴じよりもさらに開きにくくなるデメリットもあります。一般的には希望して注文する綴じ方ではなく、ある程度の厚さを超えると自動的に対応されるもの。無線綴じの一種として、取り扱われています。

PUR製本

PUR製本は、これまでの無線綴じに比べてより開きやすくなった製本方法です。見開きの写真や、ページ数の多い冊子であっても読みやすい仕様にできるのがポイント。PUR製本と無線綴じの違いは使用する接着剤で、綴じの糊部分に対して接着強度が極めて高いPUR系ホットメルト接着剤が使用しています。この接着強度は従来のものに比べて2倍以上とも言われており、ポリウレタン系の接着剤のため、強度に加えて綴じ部分の柔軟性も高く、ノドがよく開くことがメリットです。 また、PUR製本に使用するPUR系ホットメルト接着剤は、環境配慮の面でも優れています。従来の製本用接着剤は不純物に分類されており、古紙リサイクルにおける障害となっていましたが、PUR製本に用いられる接着剤は、一度固まると高温になっても溶けることはありません。古紙回収では、パルプと100%分離できるようになっているのです。ただし、その分コストや作業性にもいくつかの課題があるため、業界内で普及しているかと言えば、そうとも言い切れません。

天糊製本

天糊製本とは、単票の冊子やノーカーボン紙などを使用した複写伝票、便箋、メモなどの印刷物を製本するための方法の一つです。天糊製本は、中綴じや無線綴じとは違い、一枚ずつはがすことができるのが特長です。 上質なものの場合は、糊をつけた後の背に薄い紙を貼り付け、時間が経ってもバラバラにならないようにしているものもあります。

製本イメージ

3つのパターンに当てはまらない製本方法

これまでに針金綴じ、糸綴じ、無線綴じの3つのパターンを紹介してきましたが、製本方法はまだまだ存在します。ここでは、その3つには当てはまらないけど、皆さんもきっとご存知な製本方法を紹介します。

ツインリング製本

最適なページ数:本文50枚以上
綴じ方:リング
用途:ノート、マニュアル、レシピブック、卓上カレンダーなど
リングのパーツで冊子を製本する方法です。ノートやマニュアル、レシピブック、パンフレットなどの多種多様な分野で長く活用されています。

加除式

最適なページ数:本文100枚以上
綴じ方;丁合・糊で仮止め・ブッシュ抜き
用途:本文の差し替えが必要な製本など
加除式とは、製本の中身を意味します。足したり引いたり、差し替えたりなど、マニュアルや更新の多い印刷物などで使われる製本方法です。

クロス巻き

最適なページ:本文50枚以上
綴じ方:天糊・クロス
用途:メモ、ノート、伝票、レターパッドなど
様々な綴じ方をした冊子の背表紙を、クロス(テープ)で包んだタイプの製本方法。クロスの幅によって、綴じる幅が決まります。

製本イメージ

ツインリング製本

ツインリング製本は、その名の通りリングを用いた製本方法です。リングのカラーも白や赤、青、黄、緑などに加え、メタリックカラーのシルバーやゴールド、ブラウンなど多彩なカラーを展開しているので、お好みや冊子の用途に合わせて自由に選ぶことができます。 ツインリング製本の中にはスパイラル製本という、ワイヤーをノドの穴に螺旋状に通していく製本方法もあります。スパイラル製本は使用するにつれてリングの大きさが変化し、大きさの異なる穴ができることでページが開きづらくなってしまいますが、ツインリング製本なら、ワイヤーの加工方法によってリングの大きさが変わることもナシ。開け閉めが非常にしやすい構造なのが特長です。また、中綴じや無線綴じでは実現できなかった、360度の開け閉めが可能。折り畳んで使用できるため、勉強机などの狭いスペースでも作業しやすく、能率的にスペースを活用することができます。無線綴じや中綴じのように、開いたページが戻ろうとして浮き上がってくることもありません。ノートに書き込んでいるうちに教科書が閉じてしまう煩わしさを解消し、効率よく作業を進めることができるのもメリットです。 デメリットを挙げるとすれば、エコの観点から言うと、処分の際にリングを取り外して処分しなければいけないこと。コスト面は上がってしまいますが、再生パルプを51%配合したエコリングに代用することで、ツインリング製本のまま、環境に配慮した製品を作ることが可能です。

加除式(バインダー)

加除式とは、専用のファイルに綴じる中身のことを意味し、バインダー製本とセットで存在する製本方法。専用ファイルのバインター金具に通すため、穴開け加工が必要になります。法律・法令の改正、通達、商品のモデルチェンジ、シリーズ商品の発売などにより、本文を足したり引いたり、差し替えを必要とするものが加除式出版と呼ばれています。日常生活で見かけるものでは、ルーズリーフの本文もこれと似た加工になります。

クロス巻き

天糊やセンターミシン製本の背の部分に布地(クロス)を巻きつけて製本する方法が、クロス巻きになります。紙を使うマーブル巻きよりも強度が高いのが特長です。最近ではクロスの種類が増え、様々なカラーやデザインも選べるようになってきました。伝票やメモ帳などの製本にも使われますが、強度があるため、何度も閉じたり開いたりする書籍や論文などの加工に向いています。もちろん、クロスにこだわれば高級感を出すことも可能です。 また、同様の加工で数種類の色が練り込まれたような柄の紙を巻く製本がマーブル巻き。クロス巻きとも似ており、背に張るのが紙か布かの差と言えます。頻繁に使用してすぐに消耗する伝票やメモ帳などはマーブル巻き、あまり傷をつけたくない重要な伝票や冊子の製本にはクロス巻き、という感じで用途に分けてご使用いただけます。

ツインリング製本

上製本と並製本の違いとは?

製本には、上製本と並製本の2種類があります。中身を糸でしっかりと綴じ、別仕立ての厚い表紙でくるむのが上製本。並製本よりも一回り大きく、固い表紙が中身をしっかりと保護します。一方、並製本は、パンフレットやカタログ、雑誌などによく使われる方法で、皆さんも目にする機会の多い簡略な製本方法です。上製本と並製本、どちらにも一長一短があるので、イメージに合った本を作るためにも、以下の段落ではそれぞれの特長をお伝えしていきます。

上製本イメージ

上製本(ハードカバー)

上製本はハードカバーとも呼ばれ、作りが丈夫なので長期保存に最適。厚紙で作られた硬い表紙が特長で、布や革を表紙の素材として使用することもあり、コストも納期もかかりますが、仕上がりに高級感を演出することができます。本体の仕立てによって、背の形が丸い「丸背」、角張った「角背」に分類され、外観を立派にしたい場合に有効です。書店などに並んでいる小説や絵本、単行本、記念誌、写真集などによく利用されています。

並製本

並製本は本文を表紙の紙で包んだシンプルな作りで、コストが抑えられて短納期で仕上げられるのが大きなメリット。ソフトカバーとも呼ばれています。文庫本や雑誌、ムックなど、多くの書籍が並製本で作られており、簡易的ながらもしっかりとした読みやすい製本です。また、背の綴じ方には「中綴じ」「平綴じ」「無線綴じ」などがあります。

右綴じ・左綴じの違いは?

これまでに製本の種類を説明してきましたが、本・冊子には「右綴じ」と「左綴じ」という綴じ方にも違いがあります。表紙を上にして冊子を置き、綴じの部分が左側に来るのが「左綴じ」、右側に来るのが「右綴じ」です。「左開き」「右開き」と言われることもありますが、意味は同じです。 ページを左に繰っていく本を「左開き」と言い、これは左綴じ。同じくページを右に繰っていく本を「右開き」と言い、右綴じのことを指します。どちらの綴じ方向にするのかは、本文が「縦書き」か「横書き」かが判断基準になるのです。読者が本文を読む目線の流れ、文字を読む方向を考えて決まっています。本文が縦書きの場合は右綴じ、本文が横書きの場合は左綴じになります。 新聞や雑誌、週刊誌には写真やイラスト、広告などの囲みや四コマ漫画など様々な要素が入っていますが、本文は縦書き。文章の書き出しが紙面の右上から始まり、読む方向は左下へ進みます。つまりこの場合、本文が縦書きなので右綴じにすれば良いのです。中には横書きのコラムや広告などの囲み記事、表・グラフなどの紙面に占める割合が本文より多いページもありますが、本文が縦書きであれば右綴じに。横書きの囲み記事ばかりを目で追っていると、ついつい読み進む方向が右側へ行ってしまうかもしれません。それでも綴じ方向はあくまでも本文の「縦」「横」に従うことになっています。

CCG HONANDOでは断裁から綴じまで一貫して社内で行っております

CCG HONANDOでは、製本の断裁から綴じに至るまでのすべての工程を社内で一貫して製造しています。断裁機、折機、中綴じ機、無線綴じ機を複数台所有しており、品質をより高めるための検査装置も完備。枚葉などのシート出しの案件から輪転などの折出しの案件、はがきの貼り込み、表紙のカバーかけまで幅広く対応させていただきます。通常とは変わった製本なども対応・提案をさせていただきますので、いつでも気軽にお問い合わせください。

製本イメージ

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ