Journal

2021.02.16

上製本は、並製本と何が違う?こだわりを詰め込める製本方法を大解剖。

これまで中綴じや無線綴じ、あじろ綴じといったいろんな製本方法を紹介してきましたが、今回ピックアップするのは上製本です。別名ハードカバーとも呼ばれる製本方法で、卒業アルバムなどに採用されているものと言えば、皆さんも想像できるのではないでしょうか。本コラムでは、そんな上製本の特長やメリットなどをお伝えしていきます。

上製本とは?

上製本は本の中身を糸で綴じ、中身とは別に仕立てた厚い表紙でくるむ製本方法です。別名ハードカバーとも呼ばれています。薄いもので本文20Pから、厚いもので本文100P以上の製本が可能。手作業で製作する部分が多く、製作費用・日数ともに中綴じなどの並製本よりも要することになります。そのため、記念となる特別な冊子、重厚さや頑丈さが求められる冊子に採用されることが多い製本方法です。

上製本イメージ

上製本の三つの特長

中綴じや無線綴じなどの並製本と比べて製本工程が多いため、製作費用はかかりますが、ハードカバーを使って製本することで耐久性に優れ、長期保存に適した冊子に仕上がるのが上製本の特長です。ここでは、保存性や仕上がり、加工方法という上製本ならではの特長を詳しくご紹介します。

丈夫で長期保存に優れている

上製本は、糊や糸などで綴じた本を別仕立ての厚めの表紙でくるんでいるため、耐久性が高く、長期の保存に優れた仕様になっています。上製本の中で最も使用される糸かがり綴じは強度がより強く、大きく開いてもページが脱落しにくいことがメリット。卒業アルバムや記念誌、学術誌、絵本など長期保存が求められる冊子に採用されているのも、この耐久性の高さ故なのです。

高級感のある仕上がりに

上製本は別仕立ての集めの表紙でくるむ製本方法のため、紙だけではなく、布クロスやレザークロスなどの表紙素材を選ぶことができます。さまざまなカラーバリエーションの中から冊子イメージに合った色味を選択でき、見た目の重厚感や独特の手触りで、特別な本という印象を与えることが可能。もちろん、耐久性もアップします。そうした高級感のある仕上がりになるのが、中綴じや無線綴じとの大きな違いと言えます。

加工方法を選択できることで細部にこだわったデザインが可能

上製本は表紙と本文を別工程で制作するので、本文に貼り込んだ見返しの片側前面に接着剤を塗布し、表紙の裏面に張り合わせることで表紙と本文を接合。そのため上製本の巻頭、巻末には必ず見返しがついています。デザイン系の書籍などでは、見返し部分に別素材の紙を使用するなどして印象をより高める場合も多々。また、上製本の背の形状は本の目的に合わせて3種類の形から選ぶことができます。背と本体が離れて浮くため開きやすい「ホローバック(腔背)、背と本体が密着して丈夫だが少し開きにくいタイトルバック(硬背)、柔らかい素材の背と本体が密着して開きやすいが少し強度が劣るフレキシルバック(柔軟背)。他にも、花布(はなぎれ)と呼ばれる本の中身の天地両端に貼り付ける小さい布や、しおりのような役目をするスピンなど、選択肢が多く、こだわりの一冊に仕上げることができるのも上製本ならではです。

上製本イメージ

並製本との違いは?

並製本は、接着剤や針金などで綴じる冊子全般を指す名称です。無線綴じや中綴じ、平綴じなどが並製本になります。文庫本や雑誌、カタログ、漫画などの商業印刷から、会社案内やカタログなどビジネス向けの冊子、論文集や教科書など教育関係の冊子、自分史や同人誌などの個人制作の冊子まで、あらゆる出版物に採用され、書店などでもよく見かける製本だ言えます。上製本に比べて短納期かつ安価に制作できるのが、大きな違いであり、メリットです。

並製本イメージ

上製本の作り方

上製本における製本方法では、まず表紙と本文のサイズが異なるのがポイント。それは、チリと呼ばれる表紙のはみだし部分があるからです。一回りはみ出しているため、基本的には2~3ミリ程度、本文よりも大きくなっています。また、表紙として厚紙をくるむため、15mm程度伸ばしてデザインをする必要もあるのです。このように、並製本では特に気にしないポイントにも注意をしてデザインするのも、上製本ならでは。ページ数によって背幅や空きが変わるため、あくまでも参考として覚えておいてください。ページ数の多い上製本の場合は、ノドと呼ばれる本を開いた時に中央になる部分にも注意が必要。綴じたノド付近の文字が読めなくなったり、絵柄が見えなくなる可能性があるため、余白部分にも気を使いながらデザインを行っていきます。

上製本イメージ

こだわりの一冊に。上製本発注のポイント

表紙の素材、背の形、花布(はなぎれ)、スピンなど、通常の並製本と違い、自分のこだわりを詰め込めるのが特長の上製本。いろんな選択をしていく中で、発注する際のポイントが以下の3つになります。

●上製本のイメージを決める表紙素材の選び方
●使用用途に合わせた本文用紙の選び方
●雰囲気を左右する見返し用紙の選び方

上製本にあった用紙の素材を選ぶ

上製本の場合、選ぶ用紙の素材によって仕上がりのイメージが大きく変わります。選び方のポイントや具体例も交えてこれから詳しく説明していくので、ぜひ、参考にしてください。

●表紙素材の選び方

並製本では選ぶことのできない布クロスやレザークロスといった上質な素材を、上製本では選択することができます。もちろん、こだわりの紙を使用したり、箔押しやPPなどの表面加工を施した紙を表紙に使用することもできるため、冊子の目的や仕上がりのイメージを事前に明確にしておくことが大切です。

●本文用紙の選び方

制作用途や仕上がりのイメージに合わせて、本文用紙もお好みのものを選ぶことが可能。写真の発色に適した用紙、筆記特性に特化した用紙、耐久性を重視した厚めの用紙、そして高級な質感のあるファンシーペーパーなど、選択肢はさまざまです。印刷担当者とはもちろん、冊子制作を行うデザイナーとも相談しながら選ぶようにしましょう。

●見返し用紙の選び方

「見返し」とは、表紙&裏表紙と本文を接合するための紙です。本文の最初と最後につけられており、上製本では必須のパーツになります。色上質を使用するケースや、本文と違う質感の用紙を使うことで、特別感を出すことが可能。たった1枚の紙ですが、仕上がりのイメージや印象を大きく変えることができるので、ぜひこだわりたいポイントです。

上製本の用紙イメージ

用途に合わせた綴じ加工方法を選ぶ

今回のコラムでは上製本の特長などをお伝えしてきましたが、製本方法は用途や仕様に合わせて選ぶのが大切です。ここでは、上製本の綴じ方をダイジェスト的にお届け。製本方法を選ぶ際の参考にしてください。

●糸がかり綴じ

糸かがり綴じは糸を使って本を綴じる、伝統的な上製本の綴じ方です。近年は製本技術や製本用接着剤の改良から、上製本にも無線綴じやあじろ綴じを採用する場合もありますが、上製本の綴じ方としては今でもスタンダードとされているのが糸がかり綴じ。製本強度が強く、大きく開いてもページが脱落しないことが最大のメリットです。ページを大きく開きたい場合や、厚い本文用紙を使いたい、ページ数の多い本にしたいなど、厚い製本を制作する際には特にオススメです。ただし、他の製本方法と比べて制作工程が多く、日数やコストがかさむというデメリットもあります。記念誌や卒業アルバム、学術誌など、長期保存には最も適した製本方法です。

●無線綴じ

無線綴じは、糸や針金を使わずに製本用の強力な接着材(ホットメルト)を使う綴じ方法です。前述した通り、一般的には並製本に分類される綴じ方ですが、製本技術や接着剤の向上により、近年では上製本でも採用される場合があります。シンプルな工程が特長で、低価格で製作期間も短いのが糸がかり綴じとの大きな違いになります。学校案内やカタログ、ビジネス向けの冊子によく使用されています。

●あじろ綴じ

あじろ綴じは、無線綴じを改良した製本方法です。無線綴じと同様に製本用の強力な接着剤を使って背を固め、製本していきます。本文を1枚ごとにバラバラに切り離してから背を固める無線綴じと違い、あじろ綴じは16ページや8ページごとに折丁を作るのがポイント。その際、ページを切り離さずに背の部分に切り込みを入れた後、本文を丁合して背を固めます。ページをバラバラにして背を固める無線綴じと比べ、製本強度がより強くなります。

製本イメージ

より細部にこだわるなら花布やスピンにも注目

上製本は、耐久性や長期保存に優れ、加工方法の選択肢が多いところが特長ですが、こだわればこだわるほどオリジナリティあふれる冊子に仕上げることができる製本方法です。例えば、細部にこだわるなら花布(はなぎれ)やスピン(しおり)に着目してください。花布は、上製本を真上から見た時に、本文の背と背表紙の間の上下2箇所にに貼られている小さな布です。本来は本を強化する目的で使用されていましたが、現在では、装飾の意味合いも強くなってきています。 一方、スピン(しおり)は、上製本の本文の背についているひもの事で、しおりとして使うことができるもの。カラーバリエーションも多彩で、表紙の色やデザインに合わせて選択することで、より印象的な仕上がりに。また、ページ数が多くて厚い上製本の場合、ブックケースをセットにすることも可能。本の保護や装飾として機能的なだけでなく、さらに高級感を演出することができます。

上製本スピンイメージ

CCG HONANDOでは印刷から製本まで一貫して社内で行っております

CCG HONANDOでは、自社工場内で製本工程を全て管理して製造し、上製本は社外協力会社と製造することが可能です。これまで積み重ねてきた品質管理のノウハウと知見、クオリティを最大限に生かしながら、お客様に満足していただけるベストな品質のものをご提供しています。上製本をはじめ、さまざまな製本方法に対応しているので、冊子印刷でお悩みの方はいつでも気軽にご相談ください。私たちCCG HONANDOがお悩みを解決し、お客様の事業を後押しする印刷物をご提案させていただきます。

HONANDO一貫した製本工程イメージ

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ