Journal

2022.01.28

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

「リーフレット」とは、会社案内や学校案内、コンサートや舞台の公演プログラム、イベント告知のための冊子などに用いられている印刷物の形態です。その多くは1枚刷りで印刷され、手になじんで持ち歩きやすいコンパクトなサイズに折り畳まれているため、さまざまな場面で採用されています。今回は、普段なにげなく目にしているリーフレットについて詳しく解説します。

リーフレットを作成するメリット

リーフレットは、両面印刷した紙に折り加工を施すことでページの区切りをつけられ、伝えたい情報が多い場合には簡易的な目次を設けることで各ページの情報をわかりやすく整理できます。写真やイラストのような視覚的な情報だけではなく、しっかりと読んでもらうことを目的としたテキストなど、さまざまな情報を掲載可能です。

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

折り方の違いによって幅広い用途に活用できる

リーフレットのメリットは、折り方が多岐にわたるため幅広い用途に活用できることです。折り方を変えるだけで、情報の見せ方や冊子のデザイン、ページ数に変化が生まれます。掲載する内容に応じて適切なパターンを選ぶのがポイントです。リーフレットは、折り方によって「折りパンフレット」や「折りチラシ」、「ミニパンフ」などと呼ばれることもあります。のちほど、リーフレットの代表的な折り方をご紹介します。

コンパクトでありながら多くの情報を掲載できる

リーフレットは、折り数が多ければ多いほどページを増やすことができます。情報量が多い印刷物はサイズが大きくなりがちですが、リーフレットはコンパクトに折り畳める仕様なので、洋服のポケットやハンドバッグに収まります。また、小さく折り畳めることから、設置場所にも広いスペースを必要としません。情報を受け取る側だけでなく発信する側にもメリットがある、優秀な広告媒体といえるでしょう。

リーフレットの折り方の種類

先述したように、リーフレットにはさまざまな種類の折り方があります。折り方の名前にはそれぞれ特徴があるので、お問い合わせの前にご確認いただくと、印刷物のイメージのすり合わせやその後のお見積もり、製造や納品までスムーズに進められる可能性があります。リーフレットの印刷をご検討される際は、ぜひ参考にしてみてください。

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

リーフレットの折り方の種類①:折りなし

「折りなし」は最もシンプルな形で、表裏2ページで構成された印刷物です。一般的なチラシとしての用途はもちろん、既存のリーフレットに情報を追加したい場合、新たに挿し込むことを目的として折なしのものを作成することがあります。「期間限定のサービスを告知したい」「イベントの情報を掲載したいけれど、既存のリーフレットは通年で使いたいためデザインを変えたくない」という場合におすすめです。

リーフレットの折り方の種類②:二つ折

1枚の用紙を中央で半分に折るという、ポピュラーな折り方です。仕上がりをイメージしやすく、作成も簡単です。ページ数は4ページと少ないため、シンプルな会社案内や商品案内に用いられることが多いです。通常は長辺を中央で分けますが、短辺を中央で折ったり、折る位置をずらしてインデックス風にしたりすることもできます。

リーフレットの折り方の種類③:巻三つ折

「巻三つ折」では、1枚の用紙を3等分し、端の1面を内側に折ってから反対側の1面をかぶせるように折り重ねます。こうすることで、両面で計6ページのリーフレットになります。CCG HONANDOで印刷を行なうリーフレットでも人気の折り方で、フロアガイドやサービス紹介など、情報をいくつかに分けて掲載したい場合に利用されています。ただし、最初に内側に折り込む面は、表紙からはみ出さないようにするために、他の面より1.5mm以上短く作成する必要があります。

リーフレットの折り方の種類④:外三つ折(Z折)

「外三つ折(Z折)」は、巻三つ折と同様1枚の用紙を3等分する折り方ですが、両端の2面は外側に折ります。両面で6ページの構成になりますが、見た目がZのような形になります。そのためZ折とも呼ばれています。紙の両端を持って横に引っ張ると一面を見開けるため、製造工程や企業の歴史など、流れをわかりやすく説明したい場合に最適な折り方です。

リーフレットの折り方の種類⑤:観音折

「観音折」は、用紙の両端を中心に向かって折り込み、さらに2つ折りにします。観音開きのようにリーフレットを開くことができる形で、ページ数は8ページになります。リーフレットを開いた時の状態をイメージしてデザインを構成すると、より効果的に情報を伝えることができます。注意点としては、面の長さがすべて同じではないということです。外側2面の横幅を、他の2面より3~5mm短く作成するようにしてください。

リーフレットの折り方の種類⑥:巻四つ折

「巻き四つ折」は、用紙を2つ折りにした後、もう一度2つ折りにしてできる形です。8ページの構成になります。コンパクトなサイズに仕上がるため、封筒に入れてダイレクトメールとして使用されることがあります。また、簡単に折りやすく広げやすいためストレスが少なく、イベントガイドや観光案内、マップなどに使われるケースが多くなっています。

リーフレットの折り方の種類⑦:外四つ折(W折)

「外四つ折(W折)」は、用紙を4等分にして、アルファベットのWのようにジグザグと折る方法です。8ページの構成になります。コンパクトながら展開しやすく、パンフレットによく見られる形です。折り目を数ミリずらすことで目次を設けられるため、デザインに工夫の余地があります。ページ数が多く本のようにめくれるため、商品や施設に関するより詳細な説明を掲載することができます。

リーフレットの折り方の種類⑧:DM折

「DM折り」は、用紙を2つに折り、さらに巻三つ折にする形です。A3サイズをDM折りすると長3封筒に収まるサイズとなるため、ダイレクトメールの送付時によく使われます。紙面の構成としては、二つ折りと同様の4ページにする場合がほとんどです。写真やイラストを多く使ったデザインの印刷物をコンパクトに折り畳んで郵送したい場合に最適です。

リーフレット印刷におすすめの用紙

リーフレットを印刷する際は、折り方だけでなく用紙も目的に応じて変える必要があります。ひとくちにリーフレットといっても、伝えたい情報はさまざまで、内容によって適した用紙は異なります。ここでは簡単に2種類の用紙をご紹介。どちらもよく見かける用紙なので、手に取ったリーフレットに使われている用紙がどちらだったか確認してみると、よりイメージしやすいかもしれません。

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

ツルツルと光沢のある「コート紙」

一般的なチラシに使われている、表面がツルツルとした光沢のある紙がコート紙です。紙表面がなめらかであるためインクのりが良く、色の再現性に優れています。紙そのものに光沢とツヤがあり、高級感を演出したい時におすすめ。カラー印刷で写真を色鮮やかに見せたい場合や、商品紹介を目的としたリーフレットを作成する場合には、コート紙を選ぶとよいでしょう。

サラサラしていて筆記性に優れた「上質紙」

上質紙とは、表面にコーティング剤を塗っていない状態の用紙です。そのため光沢やツヤはなく、光を反射しにくい特徴があります。また、インクを吸収しやすく、インクを多く使う写真の印刷やベタ塗りのデザインの印刷には向きません。手触りは、ツルツルというよりは少し凹凸のあるサラサラとした触り心地です。筆記性に優れているため、頻繁にめくったり書き込んだりする印刷物に適しています。

リーフレットを印刷する時の注意点

リーフレットは一枚の紙を折ることでページを作っている印刷物です。情報の配置や順番に気を付けなければ、適切な順序で情報を伝えられなくなってしまいます。そのため、あらかじめリーフレットを開いて、最初に見てもらいたい情報がどれなのか、最後には何を伝えたいのか等の構成イメージをしっかり持っておくことをおすすめします。

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

断裁ズレを考慮して塗り足しをする

「塗り足し」とは、仕上がり線よりも外側にある、最終的には裁ち落とされる部分のことを指します。印刷物は断裁する時に用紙を何百枚と重ねるため、どんなに気を付けていても多少の断裁ズレが生じることがあります。ズレた時に、印刷されていない白い部分が仕上がり部分に入らないよう、用紙のフチまで印刷したい場合には必ず塗り足しが必要になります。塗り足しは、仕上がり線よりも最低3mm以上外側まで背景を拡大するように作成しなければなりません。

文字切れが起こらないよう要素を配置する

「文字切れ」とは、仕上がり線のギリギリに配置された文字が切れてしまうことです。印刷物は実際の仕上がりより大きな用紙に印刷され、指定のサイズに四方を断裁して仕上げます。内側にズレて断裁されてしまった場合、レイアウトの端ギリギリの文字は切れてしまいます。切れてはいけない要素は、仕上がり線よりも3mm以上内側に配置してください。

フォントのサイズや線の太さに気を付ける

フォントのサイズや線の太さは、リーフレットの印象を大きく左右します。選択を誤ると読みにくい印象を持たれてしまい、せっかくリーフレットを作成しても大きな機会損失になりかねません。標準的な本文のサイズは8~9ptとされています。デザインの都合上、どうしても小さくしなくてはならない場合でも6ptにとどめておくことをおすすめします。また、目立たせたい重要な箇所は2~3pt上げるか、線を太くするとよいでしょう。しかし、過度に線を太くしてしまうと印刷時に文字がつぶれてしまうことがあるため、注意が必要です。

CCG HONANDOのリーフレット印刷

CCG HONANDOでは、これまでさまざまなリーフレットの印刷を手がけてまいりました。新規のお問い合わせはもちろんのこと、他の印刷物に比べるとリピートでのご依頼を多くいただいています。小ロットから大ロットまで部数に関わらず短納期での対応が可能ですので、リーフレットの仕様と合わせて納期をご相談ください。

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

CCG HONANDOのリーフレット印刷の特徴

CCG HONANDOが制作するリーフレットのパターンは多岐にわたります。なかでも頻繁にご依頼いただくのは、二つ折や巻三つ折のリーフレットです。二つ折の場合はA3サイズをA4サイズに折ったタイプのもので、ビジュアルをメインとしたデザインのリーフレットが中心です。巻三つ折の場合はA4サイズを3つに折ったコンパクトなタイプのもので、文字をメインとしたデザインのリーフレットが多い傾向にあります。

CCG HONANDOのリーフレット印刷の製品や費用

上述した2パターンのリーフレットのうち、二つ折の場合は、食品のパッケージに挟むような説明書や、不動産関連のポスティング用広告などに使われています。また、巻三つ折の場合は、レジ横や店頭カウンター横に据え置き型で設置することを想定したもので、イベントのお知らせやサービスの説明を目的として使われています。

リーフレット印刷の費用に関しては、サイズや部数、表面加工の有無などで大きく変わります。お見積もりのみのご相談でも構いませんので、CCG HONANDOにお問い合わせください。

リーフレット(折りパンフレット)印刷における折り方の種類や作成時の注意点

リーフレットの印刷ならCCG HONANDOにお任せください!

今回ご紹介してきたように、リーフレットにはさまざまな種類があります。自分で印刷しようと思っても、「デザインや折り方、納期のことを考えると面倒になり、結局いつものA4チラシで落ち着いてしまった……」という経験がある方は多いのではないでしょうか。CCG HONANDOでは、リーフレットの目的や内容をしっかりヒアリングしたうえで、最適な印刷方法をご提案いたします。ぜひお気軽にご相談ください。

Back List

share
  • faceBook
  • twitter
  • B!
  • share

Latest Journal最新のコラム

Contact

各種お問い合わせ
/ 印刷のお見積もり・ご相談など
ご不明点ございましたら
下記よりお問い合わせくださいませ